評判の水道業者を呼ばなくてもできる蛇口の修理

水漏れといっても、すべて評判を調べた水道業者に依頼しなければいけないわけではありません。自分で修理もできるような場所として、蛇口が挙げられます。構造的に複雑なところもありますが、一定年数を過ぎたのであれば、交換してしまうという選択も出てきます。難しい方法ではないため、無理のない範囲で検討してみるべきです。

■蛇口の修理は難しくない

蛇口は水の量をコントロールするために必要な設備です。さまざまなところに取り付けられていますが、強い圧力をかけて送られてくる水を受け止めている場所にもなります。どうしても摩耗が起きやすい場所で、パッキンのように経年劣化を受けて機能を発揮できなくなる場合もあります。交換してしまうことによって、元の機能を取り戻せるため、自分で直している人も多いでしょう。注意点としては、止水栓を締めて作業をすることです。元栓を締めてしまうことでもできますが、配管にかかる圧力を抜けば、安全に作業ができます。工具としてもそこまで専門のものが必要なわけではなく、モンキーレンチとドライバー程度でできるところも利点です。道具に投資をしなければいけないのであれば、専門業者を依頼したほうが安いこともあるからです。

■耐用年数をこえたら交換を

蛇口も設備のひとつとして、やがて壊れてしまいます。パッキンやコマを交換しても、細かな部分に限界がやってくることは避けられません。耐用年数が存在するため、この時期を超えたら蛇口 交換を考えたほうがいいでしょう。製品によっても違いがあるものの、おおよそ10年経てば経年劣化が表れてくるようになり、交換するべき時期になってきます。ホームセンターでも手に入れることができますが、モンキーレンチなどがあれば難しいことはありません。止水栓を締めてから作業することは同じで、安全な状況を確保してから作業するのが重要です。接続部品を使うため、シールテープをまいて取り付けることを覚えておくといいでしょう。新品の蛇口を取り付けるので、タオルもあると安心です。

■まとめ
蛇口も寿命があります。ネジが切られている部材であり、どうしても限界がやってきます。水漏れもパッキンやコマに関係なく、劣化から水漏れが起きてしまうこともあるでしょう。金額から考えても、10年というのは短いライフサイクルではありません。どうしても負荷の大きい場所になってくるため、もしものことを考えて評判のいい水道業者を使って、一定時期に交換してしまうのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ